文字サイズ変更
標準
大きく
最大

「軽い症状でも大きな病院にかかりたい」など、自分の都合で不適切な受診のしかたをしている人はいませんか? こんなかかり方をしていると、あなたが支払う医療費が割高になるだけでなく、救急患者の治療に支障をきたす恐れもあります。医療機関にかかるときは、正しいマナーとルールを身につけておくことが大切です。

大病院より、まずかかりつけ医へ

かぜや腹痛などのちょっとした体調不良でも大学病院などの大病院(200床以上※)にかかりたいという人は少なくないのでは。しかし、このような大病院志向にはお金と時間のムダが発生するのです。
※病床数(ベッド数)が19床以下の医療機関を「診療所」、20床以上を「病院」、なかでも200床以上を「大病院」と区分されています。

大病院にこだわると特別料金が加算

大病院では、初診で紹介状を持たずに受診すると、初診料に加えて“初診時特定療養費”という特別料金が全額自己負担で加算されることになります。この特別料金は、病院が自由に設定することができます。

患者が大病院に集中するとこんな問題が…

本来、大病院は、小さな病院や診療所では扱えない難しい病気を扱うところなので、軽い体調不良の患者も大病院に集中すると高度な検査や手術を必要とする患者へ支障をきたしたり、さまざまな問題が生じます。

診察や会計のための待ち時間が長くなる
軽い病気でもCTやX線、採血など複数の検査を行うこともある
緊急な医療や高度な医療を必要とする患者が、混雑していると支障をきたす

「かかりつけ医」を持ちましょう

かぜなどの軽い症状で医療機関にかかるときは、大病院より、まず自宅や勤務先の近くにある診療所や200床未満の病院にかかるのが基本ルールです。「かかりつけ医」を持ち、ふだんからコミュニケーションをとっておけば、次のようなメリットがあります。

交通費が少なくてすむ
病気の経過やアレルギーなど健康状態を把握してもらえる
高度な検査や手術が必要になったとき、大病院等に紹介状を書いてもらえる(有料)